接着剤について

靴修理とひとことで言っても、その種類は様々です。
何かにぶつけた時の小傷、へこみの補修や、擦り減った靴底、
かかと・ヒール部分の取り換え。中敷の交換や、
小さい靴を履きやすく伸ばす幅出しと呼ばれる修理などもあります。

中でも頻度が高いのが、靴底の素材が靴本体から剥がれてしまった場合の修理です。
この場合は、業務用の強力な接着剤でしっかりと接着する修理を行います。
接着剤の種類もいくつかあり、靴の素材やメンテナンスの頻度によって使う接着剤を変えています。

このまま履きつぶしても構わない、とにかく強力に接着できればいいという場合は問題ないのですが、
問題は気に入っている靴なので長く履きたいというケースです。
靴はどうしてもその性質から、履き続けると靴底が擦り減り、交換をしなければならなくなります。
あまりにも強力な接着剤を使用すると、いずれ訪れるメンテナンスの際に靴本体にダメージが及んでしまいます。
そのため、長く履きたいお気に入りの靴の場合は粘着力が中程度の接着剤を使用することをおすすめしています。